Netflix『無人島のディーバ』希望を絶やさない大切さを教えてくれるヒューマンドラマ

Netflix『無人島のディーバ』希望を絶やさない大切さを教えてくれるヒューマンドラマ

2023年10月よりNetflixで独占配信中の韓国ドラマ『無人島のディーバ』は、無人島で15年間生き延びた主人公が歌手を目指すヒューマンドラマです。

本作を手がけるのは、『あなたが眠っている間に』『スタートアップ: 夢の扉』に続き、3度目のタッグとなる脚本家のパク・へリョンと演出のオ・チュンファン。『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』で世界に名を馳せたパク・ウンビンが主演を務める注目作の見どころを紹介します。

※本記事は『無人島ディーバ』の一部ネタバレを含みます。

『無人島のディーバ』あらすじ

『無人島のディーバ』あらすじ

離島で暮らす中学生のソ・モクハは、歌手になることを夢見ていた。ある日、オーディションを受けるために家を飛び出した彼女は不運にもソウルへ向かう船から転落。そのまま無人島に漂流するも、不屈の精神で過酷な日々を生き抜いた彼女は15年後、清掃活動で島を訪れた兄弟のウハクとボゴルに救助される。モクハの無人島生活を支えてくれたのは、憧れの歌手ユン・ランジュの歌だった。しかし、ランジュはモクハが社会生活から離れていた間にすっかり落ちぶれていて……。

『無人島のディーバ』登場人物

ソ・モクハ(パク・ウンビン)

15年間の無人島生活を経て、社会復帰を果たす主人公。人気歌手ランジュに憧れ、自身も“ディーバ”を目指している。少女期は父親から日常的に暴力を受けていた。

演じるのは、現在の韓国で最も勢いがある俳優といっても過言ではないパク・ウンビンです。子供服カタログのモデルとして活動したのち、1998年放送のドラマ『白夜 3.98』で役者デビュー。高校生の頃にドラマ『千秋太后』での演技が評価され、KBS演技大賞青少年演技賞を受賞しました。2022年に、自閉症スペクトラム障害の弁護士を演じたNetflix『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』が社会現象を巻き起こすと一躍人気俳優の仲間入り。そんなウンビンが本作では少女の頃から時が止まったような主人公を天真爛漫に演じています。劇中で披露している透明感に溢れた歌声に思わず圧倒されること間違いなし。

・関連記事:韓国ドラマ『ウ·ヨンウ弁護士は天才肌』愛くるしいキャラ、現代社会を問い直す意欲作

ユン・ランジュ(キム・ヒョジン)

かつて韓国で一世を風靡した歌手。アルバムの売上不振や投資の失敗などが相次ぎ、人気が低迷。さらには声帯結節(声帯に硬いポリープのようなものができる)を患い、歌えなくなったことで酒やタバコに溺れていく。

ランジュ役のキム・ヒョジンはモデル活動を経て、俳優デビュー。2004年に映画『誰にでも秘密がある』でチェ・ジウの妹役を演じ、注目を集めました。2011年に同じく人気俳優のユ・ジテと結婚したことでも知られています。本作では、カリスマ的人気を誇った過去のランジュと、すっかり落ちぶれた15年後のランジュの演じわけに注目!

カン・ウハク(チャ・ハギョン)

テレビ局YGNの報道記者。清掃活動で訪れた無人島でドローン撮影していたところ、モクハを見つける。両親は“兄弟美容室”を営んでおり、その屋根裏部屋にモクハを住まわす。

チャ・ハギョンは、“エン”の名で4人組男性アイドルグループ「VIXX(ヴィックス)」のリーダーを務めていることで有名。2014年にドラマ『ホテルキング』に出演して以降、俳優としても活動しています。2020年10月に除隊後は『Mine』『バッド・アンド・クレイジー』『朝鮮弁護士』などに出演。本作では、ちょっぴり変人だけどモクハを献身的にサポートしてくれるウハクを演じています。

カン・ボゴル(チェ・ジョンヒョプ)

テレビ局YGNのプロデューサー。バラエティ番組担当だが、本人は寡黙で兄であるウハクよりもしっかりしている。

ボゴルを演じるのは、2024年1月からスタートする日本のドラマ『Eye Love You』に出演することで話題のチェ・ジョンヒョプ。彼は2019年に本作の主演パク・ウンビンと共演した『ストーブリーグ』で地上波ドラマ初出演を果たしたのち、2021年配信のNetflix作品『わかっていても』でのヒロインに片想いする青年役で注目を集めました。そんなジョンヒョプ演じるボゴルの静かな優しさに胸キュンしてください!

イ・ソジュン(キム・ジュホン)

芸能事務所「RJエンターテインメント」の代表。ランジュの元マネージャーだったが、自分で事務所を立ち上げて彼女を引き抜いた。その際、「ランジュのアルバム通算販売量が2000万枚を超えると、RJエンターテインメントの持分の半分を渡す」という契約を結ぶ。

『あなたが眠っている間に』『スタートアップ: 夢の扉』に続き、脚本家パク・へリョンと演出家オ・チュンファンのタッグ作品に出演となるキム・ジュホンがソジュン役に。無一文の状態から会社を急成長させたソジュンの有能さを重厚な演技で表現しています。

・関連記事:『スタートアップ 夢の扉』とにかく第1話を観てほしい、Netflix韓国ドラマ

発想力に驚愕!無人島を生き抜いた主人公が歌手を目指す

発想力に驚愕!無人島を生き抜いた主人公が歌手を目指す

ディーバとは歌手として大成功を収めた女性のこと。本作はそんなディーバを目指す主人公モクハの物語です。最初の時代設定は2007年となっており、第1話ではモクハがまだ中学生だった頃の出来事が描かれます。当時、モクハは離島で歌手を夢見る普通の少女でした。しかし、父親からの日常的な暴力に耐えきれなくなった彼女は、同じ苦しみを抱えるクラスメイト・ギホの協力を得て島から脱出。なるほど、そのまま船でソウルに渡ったモクハが歌手としての夢を追いかけるストーリーか。……と最初は思っていました。

ですが、なんとモクハは船から転落して、無人島に漂着。しかも、どうにか一人で無人島生活を生き抜き、15年後に奇跡的に救助されるのです。まずもって、こういう奇想天外な展開に日本のドラマではあまり出合うことができないのではないでしょうか。一方で、本作はモクハが無人島を抜け出すサバイバルドラマではないのがポイント。無人島から救助された彼女が15年越しの社会にどう適応し、また歌手になるという少女の頃からの夢を叶えるのか?が最大の見どころです。

でも、モクハがそのままシンプルに歌手の夢を追うのではなく、ずっと憧れだった歌手ランジュのマネージャーに名乗り出たり、2人でテレビ局に勤める兄弟ウハクとボゴルの家で同居し始めたりと、予想を超える展開が次々と私たちを待ち受けています。韓国ドラマはやっぱり発想が面白い!と思わず唸ってしまうことは間違いありません。

「強く願えば、いつかは叶う」力強いメッセージに心が奮い立つ

「強く願えば、いつかは叶う」力強いメッセージに心が奮い立つ

本作のもう一人の主人公とも言えるのが、モクハが憧れる歌手のランジュ。彼女は2007年当時、世間を騒がせていた正真正銘の“ディーバ”でした。しかし、相次ぐアルバムと投資の失敗、さらには声帯の病気で以前のように歌えなくなり、モクハが社会に戻ってきた頃にはすっかり落ちぶれた状態に。ランジュは酒やタバコに溺れるようになってしまいます。

もし今、彼女のように「願ってもどうせ叶うはずがない」と情熱や夢を失っている人がいたなら、ぜひ観てほしいのがこのドラマ。どんな状況下でも生きる希望を捨てないモクハのたくましさにランジュ同様、奮い立つ気持ちが湧き上がることでしょう。

だけど、元はといえば、モクハがそうあれたのはランジュのおかげでもあるのです。父親に暴力を受ける日々や過酷な無人島生活をサバイブできたのは、ランジュの歌があったから。いつかランジュに会いたい、ランジュのような歌手になりたい……。その願いを胸に生き続けた結果、モクハはランジュと奇跡的に対面を果たし、歌手としての第一歩を踏み出すこととなります。ギホの「強く願えば、いつかは叶う。意外な方法で」という台詞に込められたメッセージも力強く、希望を絶やさないことの大切さを教わったような気がしました。

ギボの行方は?鍵を握るウハク&ボゴル兄弟が魅力的

ギボの行方は?鍵を握るウハク&ボゴル兄弟が魅力的

モクハが父親の呪縛から抜け出すきっかけを与えてくれたクラスメイトのギボはどこへ行ってしまったのか?それが、本作の見どころの一つとなっています。モクハと同じく、幼い頃から父親に暴力を受けていたギボ。モクハが船から転落し、行方不明になった後、彼もまた家出して以降の行方が分からなくなっていました。

モクハが救助されたニュースが報道されてもギボが彼女を訪ねてくることはなく、行方は分からないまま。そんな中、モクハは自分を助けてくれたウハクがギボに似ていることに気がつきました。そのことを指摘されたウハクも、「もしかしたら自分はギボなのでは?」と思い始めます。なぜなら、彼には事故の影響で高校以前の記憶がないのです。しかし、弟のボゴルに尋ねても彼はごまかすばかり。なぜ、ボゴルはウハクの過去を隠すのか。ウハクは本当にギボなのか。その謎が少しずつ明らかとなっていきます。

またウハクとボゴルは、モクハの夢やランジュの人生再生をサポートしてくれる重要なキャラクターです。「もし自分がギボだったらどうするか?」という仮説をもとにモクハを手助けする少し変わり者だけど優しいウハクと、冷静沈着で寡黙だけどなんやかんやモクハを気にかけてくれるボゴル。そんな魅力的な2人と、モクハのロマンスにも注目してみてください。

まとめ

まとめ

無人島生活をサバイブした主人公の夢と人生再生を描くNetflixシリーズ『無人島のディーバ』。最初は奇想天外な設定に驚くかもしれませんが、予想もつかないストーリーを最後まで楽しめるとともに、そこに込められたメッセージに希望を与えてもらえるヒューマンドラマとなっています。第1話の時点でかなり泣けるので、ぜひハンカチをご用意の上で観てみてください!

【Netflixシリーズ『無人島のディーバ』独占配信中!】


Netflixを楽しむなら「eo光ネット Netflixパック」がおすすめ! こちらはeo光ネットとNetflixのスタンダードプランがセットになったプランです。新規・乗り換えお申し込みでNetflix最大1年分プレゼント!

「eo光ネット Netflixパック」へのリンク画像

リビングを映画館に!Netflixの4K対応作品を大迫力の4Kテレビで楽しもう

eoの定額4Kテレビならお手軽に「SONY 4Kブラビア」をご利用いただけます。
各種保証・保険がついてサポートも充実。高価な4Kテレビをお手軽に楽しみましょう!

eoの定額4Kテレビについて詳しくはこちら

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。